水素水が放射能に効果がある??

水素水が放射能に効果がある??

水素水が放射能に効果がある??

最近話題の水素水。そんな水素水が放射能の効果があると最近話題となっています。
放射能と言えば、大きな問題となったのが2010年の東日本大震災で発生した原発での問題です。
最近では震災当初ほど取り上げられることは少なくなりましたが、その脅威は衰えていません。

 

放射能は目に見えないくらい小さいもののため、対処が難しく、特に発育期である子どもへの影響はとても高いといわれています。
そんな放射能に対してどのような効果があるのか説明していきたいと思います。

 

放射能に対する水素水への効果

 

放射能に対する水素水の効果は論文として発表されています。

太田教授による放射能と水素水の関係解説

 

具体的な効果として、ガン治療に使用する放射線治療の放射能による影響や副作用を軽減するという論文も発表されています。

放射能治療の副作用軽減効果についての論文

 

論文によると、水素水が活性酸素を還元して無害な水に変わるという効果から派生したものと考えられています。

 

次に活性酸素と放射能の関係を確認しましょう。

 

放射能と活性酸素の関係って?

水素水が放射能に効果がある??

普段、私たちの身体は体内で有害物質を検知すると、活性酸素が発生します。

 

活性酸素は細菌や有害物質を体から守ることが本来の役割としているので、放射能が体内に入ることで、有害物質が入ってきたと認識して、活性酸素を発生してしまうのです。

 

適量であれば、活性酸素は体になくてはならないものです。
しかし、大量に発生してしまうと、体を傷つける原因となってしまい、様々な病気や老化の原因となります。

 

そのため、放射能が大量に体の中にはいると、それだけ大量に活性酸素が発生してしまうので、正常な細胞までも破壊してしまうこととのってしまうのです。

 

☆日本医科大学教授太田成男氏が水素水の放射能への有用性について2011年4月28日号の週刊文春でコメントしています。

 

簡単に要約すると、

1.体内の水分子と放射能が反応することで、活性酸素が生み出される
2.生み出された活性酸素が体内のDNAを破壊することが厄介である

ということでした。
また、太田氏は自身のサイトでも水素の放射能への影響について各学術論文の観点から紹介しています。

 

水素は

1.マウスの高線量の放射線を防御する
2.マウスの放射線が原因によるリンパ腫の発症を予防
3.放射線治療中の患者の副作用を軽減
4.マウスの放射線が原因による肺障害を改善

 

詳しい内容が気になる方は太田教授のサイトを見てみるといいと思います。

水素による防御 | 太田成男のちょっと一言

 

また、記事の中で、「放射能副作用軽減薬アミフォスチンと同等の効果が水素水にはある」と書いています。
聞きなれない薬ですが、アメリカではすでに認可が下りている正式の薬だそうです。
ただ、この薬は副作用がひどいため、口内炎がひどいときだけ処方が許可されているそうです。

 

でも、水素水がこのアミフォスチンと同等の効果があると、正式に発表されているため、副作用のない水素水のこの効果は非常に貴重な発見といえるでしょう。